スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ただいま帰りました~♪
はい、無事に東京へ戻って参りました、翡翠天です。(^^)

土日月曜とおやすみをいただいて、青森を堪能。

まずはお昼ごろに、青森空港に到着。
車を借りて、一路岩木山へと向かいました。

今回は三日とも雨の予報だったのですが、程よく暖かいお天気。
最終日の午後だけは雨に見舞われましたが、行動そのものには何の損傷もありませんでした。

岩木山へと向かう車の中、右には岩木山がすっとそびえています。
背の高い山です。涼しげで、雅な感じの山なのでついついぱちり。(笑)
岩木山神社まではまだあるな、そして、この道で正しいかしら・・・と思っていると
真正面に、太い真っ白いまっすぐな雲が、右斜め下に向かってずどーんとたっています。

真っ白い龍が、こう、太陽と並んで・・・というのでしょうか。(笑)
あんまり見事だったので、携帯で写真に撮ってしまいました。
きっとこの道でいいのだろう。
鼻歌まじりに、車をぐいぐい進ませていると、そのとおりまもなくつきました。

しっとりとした穏やかな神社です。
行く前からカルマのありそう~な、予感が~~・・・という神社だったのですが、
祈りをはじめると、太鼓の音が合わせるように鳴り始めました。
少しだけじんわりとうれしい感じがしてきます。

あら、もうちょっと厳しい感じを想定していたのですが。(^^;)
うれしいのですけれど、まだ緊張が解けません。
これも珍しいことなので、ちょっと覚えておこう。この感覚・・・。

本殿前で祈りを終えると、お宮参りの方がたくさんでてらっしゃいました。
本殿に、なんだか上がれそうです。(笑)
靴を脱いであがると、正面に神殿が見えます。
左右に金の龍がいます。

もう一度祈り始めると、左の龍にばかり目が行きます。
ううん、なんだか切ないなぁ・・・。つられて涙ぐんできて、切ない感じにそのままゆだねて
しまいたいけれど、できない、もやもやとした感じが続きます。

本殿を降りて、左に周りと神様の降りられる場所がありました。
ぱああっと明るくて、さわやかな気。すがすがしい。
しばらくしてから隣の末社にいくと・・・・

『白雲大龍神』

という文字が!(笑)
確かに!白雲だった!

すごいなぁ・・・。
くすくすと笑いながら前へ進みます。
たくさんの卵が池に投げ込まれています。
龍神さんだから卵なんだろうけれど、卵・・・たくさん、本当にたくさんあるんですよ~。

龍神さんのそばに行くときは、いつもちょっと跳ね返されるような強い緊張感が起こります。
祈り始めると何もないのですが、格の高そうな龍神さんのときに私がびびってしまうんでしょうね。(笑)

最初は暗い空が、ゆるく明るくなり始めます。
雷が見え、雨がぱらぱら。

今回は祈り始めると、同じタイミングで必ず太鼓がなりました。

その後、ホテルへと向かってゆくのですが・・・
前日の夜から眠れなくなるほどのくしゃみと鼻水で困っていたのです。
それが参拝後より強く。どうなっちゃってるの~?と思うまもなく、夜には熱が。

だるいような、温泉も入りたいような、食欲もあるような。
おかしな体調です。とにかく鼻水だけが止まらない。それも体の右半分だけなのです。

結果からいくと、帰る時にはすっかりと抜け、最終日にもう一度、と思ってよったときは
神社の方が門を閉める前だったようなのですが、じっと待っていてくださって
お祈りをして帰ってくることができました。

今は快調です。(笑)
短期間で、こんなにいきなりのカルマ出しがあるなんて初めてでしたので、面食らってはいますが。

二日目は、白神山地へと行きました。
宿泊先も白神山地の敷地にできるだけ近いところで。敷地内といっても差し支えないくらいの距離です。

そこでは、12湖に行きました。
一番気に入った池では、少しだけお清め用に池の水をいただいてきました。
恐れ多い気持ちでいっぱいになり、少しでも申し訳ないくらいでしたが、
祈りをささげたあとにお伺いをすると、水面がぱーん・・・・と鏡のように静かになったのです。
了承の感覚を感じたので、では、お清め用にだけ使わせていただきます。
とお礼を言って小さなびんに少し入れてきました。

今年から来年は、がんばってもう少し数多く作らねば。(笑)

ねぶたの絵を気に入ってしまい、ばしばしとりまくって帰ってきた翡翠天なのでした♪

来年もまた行こうと思います~♪
スポンサーサイト
【2004/11/02 20:50 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。