スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
あわてたかのように。
関西にでかけてしまいました。

金曜の夜には入り、土曜は朝から住吉大社にむかいました。
ぼんやりしていると、うれしくてしょうがない気持ちがあふれてきました。
わくわくしていて、久しぶりで会える!再会するかのようです。

路面電車にぽつーんと乗って、先頭に座っていると目の前の風景が流れてゆく。
それだけでもうれしいくらいでした。

近づくにつれテンションが異常に高くなってきて、子供になってきました。(笑)

第三本宮でお祓いをしていただき、第四本宮では語り掛けられ、第二本宮では
力を分けていただき、胸元から金の龍がぐるぐると出てきました。
ぽっかりあいたような気持ちかというとそうでもなく。なんだったんでしょう。
第一本宮では久しぶりだのぅ~という話と週末からずっと
抱え続けていたものを光の中へあげていただき♪

第一本宮前で一人涙。周りには誰もいないので、気楽でした。

ようやく和解したので、気持ちが少し楽になりました。
他人事じゃない間柄になれること、今の自分を認めてくださったことなど、
しみじみと感じました。

伊勢神宮の遥拝所が、境内の中にあるのですが、ここでもアマテラスさんを感じていました。
今日はお力添えくださったのですね。

ちょっと悩んでいることがあったので、この和解は非常にうれしいものがありました。

その後、枚岡神社へ。アメノコヤネノミコトさんに会いに出かけました。
ちょっと夜遅くなってしまったのですが、会いたくて会いに行く人だったので
本殿前に立ったときの遅いぞ~という感じが、親しげでほほえましかったです~。
ここでは、杖のような鉛筆のような剣のようなものを持たされました。

出るときに振り返ると、階段脇に剣が2本にょっきりと。
あ、これだ。結界のためなのか、いや、どちらかというとやっぱり魔を祓うものです。
祓いもの、また増えた・・・。

翌日は、滋賀へ宿泊。
建部大社と石山寺と日吉大社へいきたかったのです♪

建部大社は今回初なのでした。
朝早ーくに出かけてゆくと、ちょうどあけたばかりのようで、いらっしゃいませ~という様子。

全部の摂社も回って、ヤマトタケルさんの感じを味わって、移動。
今の自宅の近所もヤマトタケルさんに関わるところが多いので、感じがわかるようになってしまいました。
(笑)面白いものです~。

石山寺は大好きな場所。到着と同時にぱらりぱらりと降る雨。
前回もしとしと雨でした。
紫式部が好きなので余計なのです♪
八大竜王さまにも久しぶりです~と挨拶をして、お祈り。
前回よりずっとやさしいです。

日吉大社はもう、歩くだけで、わくわく。(^^)
七五三でにぎわう境内は、みんな楽しそうでした。
なんとなくまだいまいちの祈りの反応なのですが、ある一瞬急に空気が変わって
ふっと受け入れられました。

私は形にこだわっていたのかもしれません。
もう少し柔軟にならなくては、というお知らせのように感じました。
最近ちょっと頑固だったからなぁ・・・(^^;)
疲れもあってか、どうも動きが悪かったんです。気をつけます。

宇佐宮の前で祈っていると、「カニ」を見つけました。
カニはひっくりかえっていて、弱っていて今にも死にそうでした。
最初は死んでいるかと思ったほどで・・・。表を向かせても動けない様子。
手のひらに載せると、もう少し水の勢いの弱いところにつれてゆきました。

いくつか楽しい話をしたお宮もあったのですが、最後の東本宮にあったサルタヒコさんのお宮では
もういてもたってもいられなくなってしまい、必死に必死にお祈りしました。

なんというか、もうこの状況のこのお宮さんは耐えられなくて、でも私にできることがなくて
悲しくて・・・元気出してください!!もう絶対お金持ちになってお宮直します!
と、振り返りちょっとわけのわからない子供のようになって祈っていました。

ちょっとだけ、多くお賽銭を入れてくるのが精一杯・・・
今度来るときは、何かできるようにちゃんときます。

そのまま比叡山を越えて、下鴨へ入りました。
ここも、今までより深い和解がありました。

和解、・・・ちょっと御幣があるかなぁ・・・より強い、むすびです。感じは。
雨がちらりちらりと降り、うっとりと参拝しました。

駆け足で京都を回ったのですが、作品に必要なものも購入できましたし、満足の旅行です。

しかし、先週末の疲れは激しかったです~~
住吉さんに行かなかったら、まだ引きずっていたでしょう。

がんばらなくては☆
スポンサーサイト
【2004/11/15 20:50 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。