スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
お参りあけ。
眠たさは、体力的な問題なのか、波動調整なのか、眠くて区別のつかない翡翠天です。(汗)

今回のお参りは、大洗磯前神社・酒列磯前神社・伊佐須美神社・福満虚空蔵尊でした。

回ってみて、恵比寿さん・大黒さん満載の旅になったことに、後一人できづきました。(笑)
大洗では、諭され、「みな、惑わされず、己の天命の下に行動するのだ。」と告げられました。

確かに・・・地震で私たちも気持ちをかき乱されていたのです。
そういう時はやはり、本来に戻ることが大切だということなのでしょう。
地震に対することには、「なんとかしようなどと思うものではない。」ということでしたので
それは至極当然。私の中にあった傲慢な心を、ぎゅっとつかみ出されたような気持ちでした。

ないと思っていても、どこかで増長する心が湧いてくる。

再度本殿でお詫びを申し上げると、雲間から光がこちらへと伸びてきました。
許してくださったみたい・・・深く頭を下げて、車へと戻りました。

しかし、どうしてここだったのだろう。
真っ先に浮かんだのはこちらだったのです。

由緒書きを何気なく手に取り、読んで見ると、

「我はこれ大己貴、少彦名神也。昔この国を造り常世に去ったが、
東国の人々の難儀を救う為に再びこの地に帰って来た」
と、仰せられました。
当時の記録によると度々地震が発生し人心動揺し、国内が乱れており
ました。大国主神はこうした混乱を鎮め平和な国土を築くために
降臨されたのです。

と、ありました。

これだったのね・・・・。
深く納得して、次なる一対の神様、酒列磯前神社へと向かいました。

こちらは穏やかで、おおらかな場所でした。
わくわくと楽しく、喜びごとをもたらしてくれそうな、そんな感じです。(^^)

そして、地図を見て目を惹いた「福満虚空蔵尊」さん♪
ここも恵比寿さんなのですが、恵比寿さん、なんだか相性がいいのか、みるとニコニコして
しまうのです。大黒さん役が身近にいるからでしょうか。(笑)

知人の年配の女性が、大黒さんにご縁が深くあるのです。
これで翡翠のご縁が恵比寿さんだったら、二人いるだけで「恵比寿大黒」ですね。(笑)

最後に、伊佐須美神社へ。
会津の一宮です。(正確に、岩代の一宮です)

ここへ向かうまでは、天気雨のお出迎え。
到着から出発までの間だけ、さらさらと、そして祈りの最中はざんざんと、雨が続きました。

中には普通入れないのですが、偶然人の導きで、中へ入りました。
お誘いいただいているし、内側へとにこにこしたお迎え。

知っている神社ではないのですが、私も嬉しいので、ついつい甘えてしまいます。(笑)

薄墨桜を眺めて、切なくなったり、雨にぬれるお社を眺めて、なんだか安心したり。

太陽がさんさんと照る中、ざぶざぶ降る雨(天気雨)にくるまれて、私の会津の初参拝は
終了いたしました。

あ、やっぱりエネルギー調整ですって。(笑)
女性の神様が、頭を撫でていかれました・・・。

じゃあ今日はできるだけ早く帰って眠ろう~~~!
スポンサーサイト
【2005/04/18 20:50 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。