スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
梅雨入り

こんばんは、翡翠天です^^

衣替えをしようと出し始めたら、収拾がつかなくなってしまったので…(笑
休憩がてら、久々にブログをアップしようと思ったしだいです。

今年はあまりどこにも出かけていなくて、以前の翡翠天はどこへいったんだと思う方も在るかと思いますが、実は5月に出雲へ出かけておりました。

出雲大社の本殿に入らせていただくことができる、
と聞いて、平日に休んでいってまいりました。

もう一度開くのは60年後…はさすがに足腰がどうなっているか、確証がないので
今できるうちに、行ってみて、ご縁があれば中に入れるだろうと伺ったのでした。

二泊三日で予定を立てて、米子発着に。
何も決めないで、現地で思いつく神社の順に出かける私なので、ガイドブックもなし。
今はレンタカーはほとんどナビがついているので、地図もいりません。

出雲は、去年の7月以来だし、今度は鳥取も行こう~♪と思い米子発着に。

初日は鳥取三昧。米子・三朝・皆生などで温泉を堪能。
初日から何度も何度も湯に入っては、お湯のチェックに余念のない私…。笑
昔は飲めた温泉が、今はなくなっていたりして、変遷を感じておりました。

そして二日目は、出雲大社。
前日に、宿泊先でであったお母さんたちに、

「私たちは4時間まちだった!早く行くべきだ!」
「いや関係ない!」

とお風呂場で水入らずなレクチャーをされ、
う~んどっちの意見も聞いていいかわからない~!
と返事をしながら、そのまま流されるように、孫についての相談などをされておりました。(笑

もちろん知らない人です。
でもこういうのが旅の面白さですね^^

初日ではなく二日目にきなさい、と出雲さんに言われていましたので
二日目の朝に伺ったのですが、結果、そのとおりでした。

前日は14時から15時半まで。(祭礼の時間以外での開放のため)
当日は12時からでした。
最終日も4時間以上まち、とのことでした。

この日、私たちは9時半には現地にいたので、
到着してから、これから12時にあくのではかなり待ちだし…
一緒にいた友人たちはほかを回るかどうかなどいろいろと聞かれたのですが、
私の感じているお知らせは、

「このまま待て」

なので、
3時間待つかもしれないけれど、前日の人は雨の中で4時間以上待っていたのだし、
私たちは晴れているだけでもよいとしようよ、と待つことにしました。

ちょうど本殿の真後ろにある「素戔嗚社」の前ですし、私個人は気分よく待っていました。

30分ほどすると、イレギュラーに10時からあけることになったという情報が入り、
あれよあれよという間に本殿へ。

本殿から見下ろす並んでいる人数を見ると…どこにも移動しないでよかった…と思いました。
折り返していて、2時間は待たれると思います…

本殿は、とても「素敵」なところでした。
どうも、あまり語ってはいけない気がして。

観光の気持ちではなく、近くに寄せさせていただいた感謝の気持ちで一杯でした。

8月にも本殿はまた開放されるようですので、お時間ある方はぜひいってみてください^^

翌日、八重垣神社にも行ってまいりました^^

早い時間からゆ~っくりとまわり、八重垣堪能…と社務所をのぞくと、
よく知っている顔の人が。
でも、その人は東京のお客様だし、ここにいるはずもなく…。

東京でお世話になっている、仲良くさせていただいてい鑑定のお客様なんですが、
似ているな~…と思いながら、そのままにしていました。

前日、彼女から
「出雲大社に、翡翠さんの紹介でしたし、きましたよ!」
と、私たちが出雲大社を去った3時間ずれぐらいで、こちらに来ているメールはあったのですが、
同じところを回ることはあっても、同じ時間に同じ場所にいるとは、

…あんまり考えませんでした。(笑

すると、私の携帯がなりました。
その○○さんです!

「翡翠さん~♪今わたし、娘と八重垣にいるんですよ~♪お勧めの場所だったので素敵ですね~!」
「いえ、ちょっと待ってください!どこにいるんですか?」
「八重垣神社の本殿前です^^これから正式参拝するんですよ~♪」

わたくし、携帯を握ったまま、駐車場から走りました(笑

本殿前で遭遇!東京以外でこんな風に出会うなんてミラクルです!www

娘さんによいご縁があるように参拝にきました、ということで、初、娘さんにもお会いでき、
「私の妹なので、一緒に参拝に並ばせてください!」と彼女が申し出てくださり、
こっそりと、「うちの娘にいいご縁がくるように一緒にお祈りしてください!」と
かわいらしいお申し出が(笑

そうして、なんと、便乗参拝な私。

実は、八重垣さんとは、なかなか和解がすすまなくて、ちょっと気にしていたのですが、
この日はとてもよい感じだったので、今日は嬉しいな~♪と思っていました。
5年以上かけてのことでしたので、感動もひとしお。

こんな形で正式参拝に一緒に並ばせていただけるなんて、
先方に本当に受け入れられたのだと思うと感無量でした。

もう泣いているのは、私の感情なのか相手の感覚なのか、わかりません。(苦笑

その正式参拝後、お二人は厳島へ。
私は米子へ戻り、東京へ。

人の縁をつないでいただく出雲さんならではの、ミラクルなご縁を感じる旅でした^^


スポンサーサイト
【2008/06/06 19:49 】 | 未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。